ジャンセン美術館 ご案内
美術館案内 PROFILE ショップ SLIDESHOW リト作品集 貸画廊案内 TOP

優れたデッサン力、にじみ出る色彩の温もり・・・
彷徨する抒情詩人 − 繊細にして憂愁深し

魂に語りかけるフランス画壇の巨匠ジャン・ジャンセン


小さな空間ですが、
ジャンセンの世界をごゆりとお楽しみ下さい


ご案内
開館時間 午前11時〜午後6時
隣接する貸ギャラリーの関係で休館日が不定期になっておりますが、多くは火曜辺りが休館になります
こちらをご参照ください
入館料 無料
住所
電話番号
東京都中央区銀座6−3−2
ギャラリーセンタービル4階
(数寄屋通りとみゆき通りの角)
Tel: 03-3573-1271
Fax: 03-3573-1272
お知らせ
2017年ジャンセン・カレンダー発売中
1部1,000円
ジャンセンの油彩66点、その他水彩などを含めた合計88点を集めたデッサン図録
ジャンセン カタログ - 
75 ANS DE PEINTURE
2014年末刊 を発売致しました。
特価 8,000円
ご注文はここをクリック

 時代はジャンセン

人はひとりで生きていけない。
しかし、その事実を描いた画家はまだ数人だけだ----
1966年の国際形象展、ジャンセンは「踊り子」を出品した。
繊細な線描表現、華麗にして落ち着きのある色彩・・・・。
そして踊り子の表情の聖らかさが人々の胸を打った。
そこには放浪の民族・アルメニア人としての、また戦渦のパリで青春を過ごした人間としての、
愛の孤独が深く刻み込まれていたからだ。
ジャンセンは言う。「私は幸せを探さない」と----
テーマはプロセッション(宗教行列)、闘牛士、マスカラード(仮面舞踏会)と変化したが、
素朴な人間たちの魂を追う姿は変らず、さらに深まった。
今、(時代はジャンセン)という言葉が、世界中から響き始めた----。




 ジャンセンの「宇宙」

ジャンセンの作品の特色は、天性の優れた色彩感覚と色彩技法。
好んで使われる色彩は、黒、灰色、茶、緑、あるいは赤(薄いバラ)、黄色(レモンイエロー)
と多岐に渡っている。
暗い面と明るい面を併せ持つジャンセンのせかいは、
他に類を見ない一つの独自の宇宙を形成していると言えます。
現代人の心に強く語りかけてくるジャンセンの世界を、心行くまで感じて下さい。


館内のご案内 (展示作品が現状と異なっております)

  銀座 ジャンセン美術館 MAP
別のMAPを表示

美術館案内 PROFILE ショップ SLIDESHOW リト作品集 貸画廊案内 TOP